子育て主婦暦11年。とりあえずひと段落。人生まだまだこれから!!・・・と思っているのはアタシだけ?
by kitasan_25
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
英語の話
翻訳の話
家族の話
日常の話
自分の話
パンの話
音楽の話
雑感
毒を吐く
お気に入り
最新のトラックバック
ロハスな生活の良さ
from ロハスな生活の良さ
早慶外語ゼミ@現役高校生
from 早慶外語ゼミのCMやイメージ..
翻訳
from いま話題の検索語とは?
アメリカン・アイドル ベ..
from 猫多摩携帯写真館
今年の初夢
from 薬作り職人のブログ
まぁいきましょうか・・・
from 日記
読者になりますね☆
from うさぎ日記
「社長さん、寄っていきな..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
敬語に自信ありますか? ..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
人並みな生活でしょうかね?
from 私と言う名の孤独人の日常
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

なんだかな

ちょっと回想録なんですが。。

ここしばらく、いろんな人達と会っていて、いろいろと思うことがありました。
感じたことは、「2種類の女性」です。

どっちがいいとか、悪いとかではなく、女性には大きく分けて2種類の生き方があると。もちろん、そんなの当たり前!ではあるんですが、本当に「住む世界」が違うんだなぁ。。と驚いたわけです。

一つは、家庭派。いわゆる結婚して出産して、仕事するよりお母さん業、主婦業をがんばらないと・・・って感じの人達。決して「仕事デキない」って人たちじゃなくって、結構いろんな才能を持っているんですが、それを活かすよりも家族を第一にするタイプ・・・でしょうか。

もう一つは、仕事派。結婚よりも仕事。出産よりも仕事。出産しても仕事、っていう人も少数ながらここに分類されます。すごくがんばっているのだけれど、「家庭」の部分はかなり犠牲になっている。それが「不幸」ではないけれど、家庭も仕事も当然のように手にいれている男性がイッパイいる中で、ちょっと理不尽だなぁ。

先日、大阪時代の元同僚と会い、かつての同僚たちの話題になりました。

皆、私と同じ会計士の資格を持っているんですが、その生き方は真っ二つ!私と同じように登録も停止して、母親業している人がいる一方で、独身を貫いたり、離婚を繰り返した後、第一線でがんばってる人もいて。

結局、両方を手に入れるなんて、よほどの条件が揃わないと難しいんだなぁ・・・と改めて思いました。
まず、親の援助がなければ、かなり難しい。わかっちゃいるけど、事実としてとてもとても重い。

私は家庭派の道をすすんで、ここにきて若干方向を修正しているという感じですが、こんなにも深い溝があったのか・・・と今更ながら実感します。

どうしたらいいんでしょうね?
どうなっていくんでしょうね?

最近は、専業主婦志望の女性が増えているそうですが、それも納得できます。

私が子供の頃、母親達は口々に愚痴をこぼしていたもんですが、今のお母さん達は結構楽しんでいますからね。子供も「いいなー」と思って育ってきたのではないでしょうか。昔は、「こうはなるまい!」と思って育ったもんですが。。。えっ?私だけ?

それに、実際、仕事と家庭はそう簡単には両立しませんから!

きっと、子どもの手が離れたら、仕事に復帰するというルートが出来れば、一番良いんだと思います。
でも、それを阻むのが「ブランクはダメ」「35歳以上はダメ」という暗黙のルール。

こういう判断をする人達に聞きたい。

じゃ、誰が子どもを育てるべきだと思いますか?
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-22 12:13 | 日常の話