子育て主婦暦11年。とりあえずひと段落。人生まだまだこれから!!・・・と思っているのはアタシだけ?
by kitasan_25
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
英語の話
翻訳の話
家族の話
日常の話
自分の話
パンの話
音楽の話
雑感
毒を吐く
お気に入り
最新のトラックバック
ロハスな生活の良さ
from ロハスな生活の良さ
早慶外語ゼミ@現役高校生
from 早慶外語ゼミのCMやイメージ..
翻訳
from いま話題の検索語とは?
アメリカン・アイドル ベ..
from 猫多摩携帯写真館
今年の初夢
from 薬作り職人のブログ
まぁいきましょうか・・・
from 日記
読者になりますね☆
from うさぎ日記
「社長さん、寄っていきな..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
敬語に自信ありますか? ..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
人並みな生活でしょうかね?
from 私と言う名の孤独人の日常
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タイプ別経済効果

またまた、しつこくこの話題。

独身、専業主婦、兼業主婦、シングルマザー

女性の選択肢として、ほとんどの方がこのどれかのタイプに分類されると思います。

結局、どのタイプが一番オトクなんでしょうね。
多分・・・ですが、経済効果としては、どれもあまり変わらないのではないかと思います。

まず、一番経済的な生産性が低そうな専業主婦。

専業主婦といっても、いろんな方がいますから、一概には言えませんが、概して専業主婦は消費が少ない。結果として支出がかなり抑えられています。外食は一番少ないでしょうし、子どもにかかるお金もかなり節約できます。クリーニングに出す必要も、掃除を外注する必要もありません。我が家でも、私が主婦としていることと、私が家を飛び出していなくなった場合を比べると、後者の方がお金がかかることになると思います。・・・結構あなどれないですよ。

次が兼業主婦。

一般的には、パートなどの軽めの仕事しながら家事もする、というパターンが多いでしょうか。残念ながら、一家を養えるほどの収入は、さまざまな条件面で難しい。プラスの収入もありますが、外に出るため費用もかさみます。家にいない分、子どもの習い事を増やしたり、食事が作れなくて外食やデパチカが増えたり。子どもが小さければ、保育料がかなりかかります。

シングルマザー。

さまざまな補助があるとはいえ、まだまだ女性一人で子どもも抱えて生きていくことは大変です。仕事するためには、衣料品などの購入も必要でしょうし、子どもを一人にする間を埋めるための支出もあります。疲れていれば、食事を作ることもしんどくもなります。

独身。

気兼ねなく仕事できる分、今の時代であれば結構な収入を得ている場合も多いかもしれません。でも、ストレスを買い物で発散したり、旅行に行きたくなったり。外食も多いし、習い事なんかも(いろんな目的で)したくもなります。

結局、収入とくらべた実際の豊かさって、どれもそんなに変わらないのかも。
何が違うのか?というと、親の豊かさ、投資に強い、副業がある・・・といった、生き方のタイプとは別のところで差がついていくのではないか?というのが私の想像。

メインの生き方の「すきま」をどう使うか?というのが、豊かさを左右するんではないでしょうか。
「すきま」をチャンスととらえるか、ダラダラと過ごしてしまうのか。

この場合の「豊かさ」は金銭面でもそうですが、気持ち的にも張りが出るとか、やりがいを感じられるとか、広い意味で「豊か」になれるのではないか?と思います。

「人生のすきまの活用」、いかがでしょう?
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-23 11:14 | 日常の話