子育て主婦暦11年。とりあえずひと段落。人生まだまだこれから!!・・・と思っているのはアタシだけ?
by kitasan_25
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
英語の話
翻訳の話
家族の話
日常の話
自分の話
パンの話
音楽の話
雑感
毒を吐く
お気に入り
最新のトラックバック
ロハスな生活の良さ
from ロハスな生活の良さ
早慶外語ゼミ@現役高校生
from 早慶外語ゼミのCMやイメージ..
翻訳
from いま話題の検索語とは?
アメリカン・アイドル ベ..
from 猫多摩携帯写真館
今年の初夢
from 薬作り職人のブログ
まぁいきましょうか・・・
from 日記
読者になりますね☆
from うさぎ日記
「社長さん、寄っていきな..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
敬語に自信ありますか? ..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
人並みな生活でしょうかね?
from 私と言う名の孤独人の日常
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

単語を覚えよう!

これから真面目に英検の準備をするぞ!と思い立ったわけですが、何が問題って単語でしょうね。

翻訳で知らない単語が出てきても、ぶっちゃけ、調べりゃいいわけです。特に困りません。

でも、英検となると、辞書がないわけですから、ある程度単語力を鍛えないと。どうやら英検では、普段の会話では使わないような単語が結構でるらしい。確かに、難しい意味を一語で伝える単語というのはあるのだけれど、通常の会話などではもっと簡単な単語で言い表す場合の方が多いでしょう。これは日本語でも同じ。

・・・・ということで、第一の壁は単語という事になるかと。

で、普段使いではないような単語を覚えることにしました!

今日勉強した中で気になったのは、

banal 「平凡な、陳腐な」という意味だそうで。これだけでは、なんとなくピンとこない。辞書で調べると造語でbanalysis(ありふれた分析)だとか。あぁ、なるほどという感じ。ちょっと嫌味っぽく使う場面が多そう。

ぐぐってみると、「banal chic bizarre」というファッションブランドを見つけました。「chic」は語源がフランス語で上品という意味だそう。なるほどちょっとシニカルなブランド名なのね。なかなか素敵なデザインのようですよ。

他の使用例としては「Banal nationalism」や「banal and disposable classified ads」なんて表現を見つけました。ふむふむ。

次に、「alienated(疎遠にする)」。これは、ドラマなんかではよく使われる単語ですね。シリアスものなんかではよく耳にする単語です。これは使い方は簡単そう。

他には「embellish(飾る、粉飾する)」これはよく使われていそうだけど、単語として明らかに認識していなかったなぁ。。。飾るという意味では、口語でも使いますが、粉飾かぁ。。。粉飾というとfraudulentかなと思ってしまう。。。粉飾という意味での用例はどの位あるのだろう?と思ってググってみると、簡単には見つからない。やはり画像の処理とか、デザイン系の話題で使われている用例がほとんどでした。たとえば「you can embellish the central image」など。日本語の「粉飾」と言う堅い表現ではなく、飾り立てるとか脚色するという意味合いが強いね。

1級向けの単語集からピックアップしているのだけれど、単語集をそのまま覚えても意味がないよなぁ。もちろん用例は載っているけれど、用例は複数あたらないと、添えられている日本語に惑わされてしまう・・。

次は、ええーー!!っと思った例。
「tout」で「~を絶賛する」と書いてある。用例としては、He is touted as a the best NBA player of all time.とある。「最高の選手と絶賛されている」と。

でも、toutで辞書を見ると、名詞では「ダフ屋」とある。なんだか嫌な予感。絶賛といっても、どちらかというと「過剰な表現」というニュアンスが強そう。売り込むために大げさな表現をする、という場合に使われる例が多い。もし、用例のような文章で使ったらそのプレーヤーは嫌な気になるのではないか?

「is touted」で使用される例をググってみると、「America is touted as a racist society」だって。
お、「Term limits is touted as a grassroots uprising.」という例もある?良い意味でも使われるのかな?と思いきや「 But guess who's paying the bills?」と続いている。

やはり好意的な場面でtoutを使うのは避けた方が良さそう。

でも、これを「絶賛する」と訳語を載せてしまうと、誤解が生じるでしょう。せっかく覚えても使えませんよ。これが日本人の英語が使えないと言われる所以ではないかと思える。
[PR]
by kitasan_25 | 2010-07-08 10:43 | 日常の話