子育て主婦暦11年。とりあえずひと段落。人生まだまだこれから!!・・・と思っているのはアタシだけ?
by kitasan_25
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
英語の話
翻訳の話
家族の話
日常の話
自分の話
パンの話
音楽の話
雑感
毒を吐く
お気に入り
最新のトラックバック
ロハスな生活の良さ
from ロハスな生活の良さ
早慶外語ゼミ@現役高校生
from 早慶外語ゼミのCMやイメージ..
翻訳
from いま話題の検索語とは?
アメリカン・アイドル ベ..
from 猫多摩携帯写真館
今年の初夢
from 薬作り職人のブログ
まぁいきましょうか・・・
from 日記
読者になりますね☆
from うさぎ日記
「社長さん、寄っていきな..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
敬語に自信ありますか? ..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
人並みな生活でしょうかね?
from 私と言う名の孤独人の日常
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

やりたい仕事

この不安定な現状の中、私は私、と気にせずにいられるのは、自分にやるべき事があり、生きていく力があるから。(ただ単に、毎日仕事に追い立てられているのかも。スケジュールによると、来年3月まではこのぺースで行きそうです。)もし、職なし状態だったら、きっと毎日生きた心地がしないでしょう。

明日、ダンナは某国立大学の面接に出かけます。それでも、なんだか喜べないのです。(ま、面接に行ったからといって、職にありつける事が確実な訳ではないのですけどね。)というのも、この職は助教授なのですが、彼がこれまでやってきた研究とは別の分野なのです。そちらに移ってしまえば、毎日の講義やらなにやらで、きっと研究は出来なくなるでしょう。

そもそも、基礎研究というあまり実益のない研究なので、職がたくさんなく、どこかであきらめる必要はあるのかもしれません。ただ、なんとなく見ていて“今がその時なのかなぁ?”という疑問があるのです。

彼らの研究云々の詳しい事はわかりませんが、傍目から見ていて、本当にそれでよいのか?という格差というようなものを感じる事があります。日本の社会一般にある暗黙のルールなのかもしれませんけどね。

ま、それはそれとして仕方がないのです。でも、彼が満足のいかない仕事をこれから先ずっと続けるのを見ないといけない、というのは辛いものがあります。仕事なんてそんな物、といってしまえばそれまでで、私自身も、“ものすごく楽しい事”を仕事にしているか?と言われれば、そうとも言えない。そりゃ、歌でも歌って一生楽しく生きられるのなら、その方がいいに決まっている。

でも、そこそこの満足は感じています。今の仕事を一生続けるか?と言われれば、老眼になったら辛いかな?なんて思いますから、確信はありませんが、少なくとも現在は“これで行こう!”と思っています。

彼がこれまでやってきた事と、それに対する熱意を見ていると、今の研究は無理でも、少し道を変えてみて生きていける方法なんてないのかな?と思います。その道は、明日の面接とは違うのではないかな?と。

私は今日も、明日も仕事なので、日曜日にダンナに出かけられて子供達がうろうろしていると困るなぁ。。。。というのが本音、じゃないですよ。

どんな結果であれ、納得のいく職探しをして欲しいものです。
[PR]
by kitasan_25 | 2005-11-05 13:01 | 家族の話