子育て主婦暦11年。とりあえずひと段落。人生まだまだこれから!!・・・と思っているのはアタシだけ?
by kitasan_25
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
英語の話
翻訳の話
家族の話
日常の話
自分の話
パンの話
音楽の話
雑感
毒を吐く
お気に入り
最新のトラックバック
ロハスな生活の良さ
from ロハスな生活の良さ
早慶外語ゼミ@現役高校生
from 早慶外語ゼミのCMやイメージ..
翻訳
from いま話題の検索語とは?
アメリカン・アイドル ベ..
from 猫多摩携帯写真館
今年の初夢
from 薬作り職人のブログ
まぁいきましょうか・・・
from 日記
読者になりますね☆
from うさぎ日記
「社長さん、寄っていきな..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
敬語に自信ありますか? ..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
人並みな生活でしょうかね?
from 私と言う名の孤独人の日常
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

いろいろ

急に寒くなりました!気付けばもう11月もすぐそこ。一体、10月は何してたんでしょうね?え?明日で10月が終わり?今気付きました!

仕事がなくても、何かと忙しい毎日で、いったいどうやって仕事してたんだろ?と思うくらい。時間はあるものじゃなくって、作るものなんですねぇ。

最近の楽しみといえば、編み物の他は仕事探しとバイオリン練習。

実際にやるかどうかは別として、求人情報を眺めるというのは結構楽しい。実は、不動産情報を眺めるというのも結構好き。時間を忘れてみてしまいます。買うわけじゃないんだけど。

求人情報も、あれこれ探してみると結構あるもんですねぇ。お気楽パートタイマーなら、ご近所でもあるようで、これならすぐにでも始められそう・・・なんて思ったり。何が大事なのか?どういう方向で仕事していきたいのか?をよーっく吟味すると、いろんな仕事にも一長一短あるもので、自分が何をしたいのかがまだ定まっていないんだなぁ。。と気付きます。

ま、決めてしまうとそれしかなくなるので、あれがいいかな?これがいいかな?と考えているうちが楽しいということでしょう。もうしばらくは、楽しめそう。

子供達のバイオリン練習もまずまず順調。

次男は、カイザーが始まって最初は譜読みに苦労してましたが、一山超えた感じ。いい加減なところがあったけれど、そこが大分改善されてきました。長男は、ちょっと“大人な”雰囲気で弾けるようになってきたかな。精神面が追いつくと、もっといいんだけどな。

長男は、ナマイキにも反抗期の入口をうろうろしているようで、付き合い方が難しい場面もちらほら。これから、ますます難しい年頃になるんでしょうね。

先日、“ごちゃごちゃ言われたくなければ、しっかりと責任を果たしなさい!”と言ったところ、本人も納得しているようなので、私も口を出さないようにガマンしようと決めました。先回りはしないようにしないとね。

あ~あ、私も子供達みたいにどんどん成長できたらいいのになぁ。。。
[PR]
by kitasan_25 | 2008-10-30 21:29 | 日常の話

パワフル

金融危機とやらで、翻訳業界はどこも閑古鳥のようで。金融関係の翻訳だけでなく、全体的に仕事量が激減(?)のようです。翻訳を専業に生計を立てている人は、一体どうしているんでしょうね?

私は、自分の進む道を考えるきっかけにしようかな、と思ってます。

前からとある方のブログを読んでいるんですが、私より若干若い女性で、専門職。1歳のお子さんが一人。・・・なかなかパワフル。何をそんなに焦っているのか?と思えるほどに精力的に仕事に邁進されているようで。“1ミリたりとも妥協できないっ!”と言っているあたり、相当に追い詰められている(追い詰めている?)感じがします。

かつてはそうだったかも・・・という記憶もあったりするんですが、やっぱり子供が大きくなってきたことって大きいなぁ。。と思うのです。

まだアカンボの頃は、返ってくる反応も限界があるし、少々もてあまし気味だったなぁ。でも、今は彼らの成長がよくわかるし、変化も早い、飲み込みも早い(ご飯を食べるのも・・)。未来がある彼らのために、自分が出来る限りのことをしてあげたい・・・という気持ちが強くなって、自分の事は、まぁ、いいか・・・・と思うようになった気がします。

何を焦っていたんだろう?今では思い出せないくらい。

でも、ちょっと、彼女のパワーを羨ましく思う。
今の“余裕”を嬉しく思う。
子供達と過ごしてきた(過ごしている)時間を誇りに思う。

なんとも複雑なところですな。

子供達の手を離すことは、若干、寂しさも感じるけれど、
代わりに手にする自由にもどきどきする。

限りなくわがままに生きてやりたい!と思う今日この頃。
[PR]
by kitasan_25 | 2008-10-28 22:03 | 日常の話

美容院

ようやく念願の美容院に行って来ました。実に7ヶ月ぶり!
美容師さんにも、“もうちょっと頻繁に来てもらわないと・・・。次も半年後ですか?”と言われてしまいました。半年間大丈夫なように切るというのも、大変な注文ですよね。次は、3月に卒園式、4月に入学式がありますので、その前には来ると思います・・・と言っておきました。

美容院に行くのはきらいじゃないんですが、行くぞ!と決心するまでに時間がかかるんですよねぇ。

週末が一番いきやすいけれど、混んでいて、美容師さんも疲れているだろうから、出来たら避けたいし。。かといって、平日となると午後2時のお迎えに間に合うように帰ってこれるだろうか??という不安もあってなかなか行きにくい。

今日は、たまたまダンナが休みだというので、今しかない!と出かけてきました。

半年ぶりで、かなりざっくり切ったというのに、子供達は“あんまり変わってなーーい”と言います。

彼らは、これだけ私の周りをまとわりついていながら、人の顔なんてろくに見てないんじゃなかろうか?私がたまーに化粧しても、“全然変わらないー”というし。将来、彼女が出来たとき、苦労しそうですね。男の人って、女性の顔には結構こだわっていると思うのだけれど、普段はどこを見ているんでしょうかね?

女性の顔をまともに見るのは、獲物!と狙ったときだけなのかも!!!!

ダンナには、常々、私が“どうかな?”と聞いたら、その方向を見た後、即座に“良いね!”と言うように言ってあります。返答を考えちゃいけない、見ないのもダメ、とにかく“良い!”と答えるように!!と。

・・・・だったら聞く意味ないんだけどね・・・。

どうせ見てないと思ってはいるんだけど、聞いてみたくなるっていうのはなぜなんでしょうね?
[PR]
by kitasan_25 | 2008-10-27 20:57 | 日常の話

おかずがない!

今朝、学校に早く行かなければならないという長男は、一人で先に朝ごはんを食べていました。

ご飯と味噌汁とおかず。それにフルーツヨーグルトジュースといういつものメニュー。

ダンナは朝ごはんはパン派なので、おかずは長男・次男・私の3人分を1つの皿に盛り付けてありました。

・・・気付いたら、長男が一人でおかずをすべて平らげていました。

ご飯が多いんだよーーー

なんてぶつぶつ言ってましたが、気付けよっ!

最近、とってもよく食べるようになった長男。

長男は、よく食べるところがダンナに似て、身長はゆっくり伸びるところが私に似ている。
次男は、ちょこっとしか食べないところが私に似て、身長はがんがん伸びるところがダンナに似ている。

その結果、長男はちょーっとchubby気味。まぁ、まだ気にする程ではないけど。
そして、次男は見事に骨と皮状態。素っ裸でいると、ガイコツみたい。

どうしてこういう風に似るんでしょうね?
遺伝子って不思議だわぁ。。。
[PR]
by kitasan_25 | 2008-10-23 10:24 | 日常の話

編み物

おととい写真を載せた手袋と帽子を、お友達にプレゼントしたところ、

うっそー、なんだか編み物しそうな雰囲気に見えなーーい

と周りのお母さんが口々に・・・。
一体、どんな雰囲気の人と思われていたのか。

そもそも、話の中で編み物をすると言ったら信じてもらえていなかったようなので、今回ちょっと作ってみたという次第です。

まぁ、以前に家にお友達を招いて、お茶をいれていたら

なんだか家事している姿が新鮮ーーー

と言われた程の私ですから。。家事しない主婦に見えるんでしょうね。普段の言動を考えると無理もないと自覚してます。

縫い物は嫌いだけれど、編み物は子供の頃から密かな憧れではあったんです。

小学生の頃には、伯母にねだってかぎ編を教えてもらったし、高校生の頃にも一度棒あみに挑戦したことがあります。いずれも母親の心無いコメントが突き刺さり、そのまま遠ざかってしまいました。

でも、大学時代の友人が作ったセーターを見た時のことは今でも覚えているし、アメリカ時代の友人達の作品は、“もう一度挑戦してみたい”という気にさせてくれました。

・・・で、ようやくそこそこ形になるものが出来るようになったという訳です。

今使っているかぎ針は、小学生の頃に伯母にもらったもの。ずっととってあったということは、いつかきっと・・・という気持ちがどこかにあったんじゃないかと思います。

そうそう、伯母といえば・・・。

この伯母は私にとって特別な人で、子供がいないせいか、特別に私をかわいがってくれたんです。今でも、特別です。先日、実家に帰った時も家に来てくれて、私は手袋を編みながら、あれこれおしゃべりしてました。伯母は、横に座って

上手に編むねぇ。。。
上手だねぇ。。。

と言いながら、時々、私の毛糸玉をころころといい具合にころがしてくれるんです。
本当に、いつでも私には特別に優しい伯母。

昔、超現実的なコメントで撃沈させてくれた母親とは大違いだわ!伯母は、母親の姉なんですけどね。歳が離れているので、私にとっては伯母というより、祖母のような存在です。

もうすぐ80歳になるといってたけど、いつまでも元気でいてね。
[PR]
by kitasan_25 | 2008-10-22 11:35 | 日常の話

英語のジョーク

今日、“金融危機、世界で飛び交う痛烈なジョーク”というニュースがあり、どんなジョークやら・・・とリンク先を見てみると・・・

◎「楽観主義の定義は何だろう」「日曜の夜に5枚のシャツにアイロンをかける投資銀行家のことだ」

◎「ATMで現金を引き出そうとしたら『残高不足』と言われた。ATMのことか自分のことかは分からない」

んん?

なんだかあんまりおもしろくないぞ。

原文を見てみると、

How do you define optimism?
A banker who irons five shirts on a Sunday



I went to the ATM this morning and it said "insufficient funds"..
I'm wondering is it them or me?

ふむ、これならわかる。

特に2番目のジョークは、英語じゃないとピンとこなかったりして。

昔から、英語のジョークの翻訳はつまらないと思っていたし、アメリカ人と日本人の笑いのツボが違うと思っていたけど、実はそうでもないのよねぇ。日本語にしてしまうと、なんだか妙にやぼったくなるのよね。

なんでなんでしょね??
[PR]
by kitasan_25 | 2008-10-21 20:52 | 日常の話

いろいろ

e0045844_9593513.jpg昨日、完成しました!実物はとっても小さいんですが・・・。8月に生まれたお友達の赤ちゃんへのプレゼント。まだまだ初心者なので、人様に差し上げるなんて恥ずかしいんですが、今年は手袋製作強化Yearなので。。。

生まれたての赤ちゃんって、こんなに小さな手をしてたんだよなぁ。。。編むのが簡単で助かります。

何かを作るというのは、楽しいものですねぇ。

なんかほのぼのした毎日になってます。
次男が幼稚園を卒園するまでは、こういう感じでいこうかなと思って。。彼が小学生になったらもうちょっと時間も出来るだろうし、そうなったら仕事をどうするか考えようかと。

翻訳を続けるにしても、方向性を変えたいと思う。このままITをずるずるやっていると、いずれ諸々の事情で続かなくなることは目に見えているし。。

細く、長く続けていける仕事をしていきたいというのが第一で、その選択肢は2つ。

一つは翻訳。分野を選べば、細く、長く、どこに移動しても仕事を続けられるというメリットは大きい。ただ分野を変えないといけないので、しばらくどこかオンサイトで修行しようかな?と思っています。まだ若いんだから、外に出たいという気持ちも強いので、オンサイトの仕事が魅力。

もう一つは、すでにホコリをかぶりきって眠っている、国家資格を活かす道。欲を言わなければ、多分、今でも十分に活用できそう。こちらもしばらくどこかで修行して、いずれは独立開業!?まぁ、小遣い稼ぎ程度の細々とならなんとかなるかも。

どちらも完全に捨ててしまうには惜しいし、どちらもそこそこ活かせたらいいんだけどなぁ。

ま、あれこれ考えをめぐらすだけでも結構楽しい。
あれやってみようかな?これやってみようかな?なんてね。

現実はどうなるのだろうか・・・。年齢の壁は結構厳しいみたいだし。簡単にはいかないのかもねー。どちらにするにしても、実務経験があるという事だけが救いかな。翻訳を最初にやろう!と思ったときの、“実務経験”の壁は大きかったからなぁ。

・・・そんなことを考えている今日この頃。。
[PR]
by kitasan_25 | 2008-10-20 10:40

気になる・・・

テレビを見るとき、たいていが録画したものを見るので、コマーシャルの部分は早送りしています。でも、昨日は怒り(?)があまりに強すぎたのか、ぼーっとしてしまってそのまま見ていました。そこで、飛び込んできた言葉。

まずはお電話ください。
スタッフがご対応いたします。

・・・・・・・・ん??

何か変じゃない?ご対応いたしますっていうのは、一般的な表現なんだろうか?

ググッてみると、結構あるある。でも、なんだか違和感が消えない。
敬語は普段使い慣れていないので、その使い方もイマイチな私なんだけど、何か変な気がする。

“ご/お~いたします”っていうのは、謙譲語で問題ないらしい。

ご案内いたします

これは普通に受け入れられそう。

お答えいたします

んーこれも問題ないかなぁ。
でも、“ご対応”はちょっといただけない。

“対応”という言葉の謙譲語は、“対応させていただく”ではないのかな?

スタッフが対応させていただきます

なら、違和感がないかなぁ。。。

これはユニセフのコマーシャルなので、きっと翻訳ものなのではなかろうか。だから、妙に違和感のあるキャッチになっている気がする。

まずはお電話ください。
スタッフがご案内いたします。

が自然なような。。。

どうでもいい事なんですが、いかがでしょう??
[PR]
by kitasan_25 | 2008-10-17 09:46 | 日常の話

悪魔のささやき・・・

久しぶり(?)に頭がくらくらする程に怒りを覚えました。
このまま頭の血管がぷちっと行くのでは?と思うほど。
脳梗塞の家系ですから、ほんと、気をつけないと。。。

原因はささいなことで、書くことも恥ずかしいくらい。
長男なんて、四年生にもなって、こんなことも分からないのか!!と唖然とするくらい。

何度も、何度も、何度も、何度も言っているのに、耳に届いていない。
一人では大丈夫でも、二人が揃うと節度がなくなる。

言い続けることに意味がある。
ここであきらめたらダメだ。
とにかく伝えつづけなきゃ・・

でも、

そのうち分かるさ、
あきらめれば楽になるよ・・・

悪魔のささやきもリフレイン・・・・

もう誘惑に負けそう。

頼むから・・・・

ご飯は行儀良く食べなさいっ!
[PR]
by kitasan_25 | 2008-10-16 21:46 | 日常の話

やってみること

今年は何かと時間があるので、編み物がすすみます。
・・・・というのも、幼稚園の役員の仕事がちらほら入るので、仕事にならんのです。結局、現在仕事は長期休業状態。なんだかなぁ。。。という仕事ばかりになっていたので、まぁ、いいかと。かといって、新たな先を開拓するほどの時間があるわけでなし。幼稚園を卒園するまでは、とりあえずのんびりしようと思っています。

で、これまでに手袋を3組仕上げ、4組目がもう少しで完成予定。

ようやくうまくいくコツがわかってきました。5本指の場合、指の根本にぽっかりと穴が開いちゃうんですよね。最初の頃は、糸の端で穴を最後に埋めていたけれど、ようやく本の意図しているところが分かってきました。それでも、少し気になるので、最後はちょいちょいっと直しているけれど・・・。

やっぱり、何かを学ぶという時は、まずやってみることが大事だなぁ。。。。

実際にやってみないとわからない事というのは、結構たくさんあるものです。どんな事でも、自分でやって、失敗を重ねることで本当の理解が得られるというものなんだろうと思います。

これを子育てに重ねてみると、子供達に先回りして教えるのではなく、彼らが実際にやって、失敗して、そこから学ぶというプロセスが大事なんだろうなぁ。。と。近くで見ていると、ついつい、口を出したくなるものだけれど、やりすぎてはいけない。もどかしく見えても、手を出すことは、彼らの学ぶチャンスをつぶすことにもなりかねないんだろうな。。

特に、長男については、手を離していかなければと注意しているつもりだけれど、まだまだ先回りしている所もあるなぁ。忍耐力が試されますね。子育てに忍耐力はつきものだろうけれど、その中身がちょっとずつ変わってきている気がします。
[PR]
by kitasan_25 | 2008-10-15 12:48 | 日常の話