子育て主婦暦11年。とりあえずひと段落。人生まだまだこれから!!・・・と思っているのはアタシだけ?
by kitasan_25
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
英語の話
翻訳の話
家族の話
日常の話
自分の話
パンの話
音楽の話
雑感
毒を吐く
お気に入り
最新のトラックバック
ロハスな生活の良さ
from ロハスな生活の良さ
早慶外語ゼミ@現役高校生
from 早慶外語ゼミのCMやイメージ..
翻訳
from いま話題の検索語とは?
アメリカン・アイドル ベ..
from 猫多摩携帯写真館
今年の初夢
from 薬作り職人のブログ
まぁいきましょうか・・・
from 日記
読者になりますね☆
from うさぎ日記
「社長さん、寄っていきな..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
敬語に自信ありますか? ..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
人並みな生活でしょうかね?
from 私と言う名の孤独人の日常
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

胎児の記憶

おととい、次男のバイオリン練習に付き合っていると・・・

次男:もう一度、おかーさんのお腹の中に帰れればいいのに。そしたら、バイオリン練習しろなんていわれないのになー。

・・・だそうで。

なので、

おかーさんのお腹の中はどんなだったの?

と聞いてみました。

次:“赤かった!”(即答)
私:“お腹の中で何してたの?”
次:“寝てたよ。”(確かに、次男の時は胎動が少なかった・・・)
私:“お腹の中には何があったの?”
次:“おもちゃが入ったバケツがあった。”
私:“おもちゃで遊んでたの?”
次:“遊んでないよ。お腹の中にいたときは、それがなんだかわからなかったんだけど、あとで、あれはおもちゃが入ったバケツだったんだって思ったの。”
私:“他には何があったの?”
次:“2段ベットになってたよ。うえのお部屋と下のお部屋があって、ときどき、上のお部屋で寝たよ。でも、いつもは下にいたよ。”(次男の時は、逆子だと言われたっけ・・・)
次:“ベットはふかふかできもちかったー”

・・・・だそうで。
「おもちゃの入ったバケツ」というのは何の事なのかわかりませんが、ちゃんと胎児の記憶があるんですね!!長男は、出産直後の様子を後で話してくれたことはありましたが、お腹の中は覚えていなかったような・・・。

“お腹の中は赤かった!”

と即答してましたから、きっと本当なんだろうと思います。
お腹の中にいた時から、彼はずっと彼だったんだなぁ。。って妙に納得しました。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-02-28 14:43 | 日常の話

おんがく

幼稚園行事も佳境に入ってきて、毎日がますます忙しくなってきました。
クライマックスまではあと半月とちょっと。

今年に入って、急にいろんな事が同時にスタートしてしまったのですが、3月でとりあえず2つが終わります。まぁ、3月から1つ(PTA)が始まるのでマイナス1なんですが。。それでも、1つの区切りがつくというのはホッとします。

1つは今週末に長男のコンクール予選用の録音をすること。
私としては、通る・通らないはあまり重視してないのですが、きっちりと1つの形にすることが長男にとっては意味のあることじゃないかと。観客はいませんから、彼自身の自覚にかかっているわけで。。そういう体験もいいものかもしれないと思います。

誰だって、人に聴いてもらうとなれば気分も高まるけれど、誰も居ない中で緊張感を維持して弾くというのは、子供にとってはとても難しいことなのかもね。

先生にも特別にレッスンしていただいたりして、技術を教えてもらうというレベルを少~し超えて、音楽に向かい合っているという瞬間が何度かありました。そうそう、こういう瞬間が楽しいのよね・・・と傍で見ていて思いました。長男がそれにどの程度まで気付いているのかはわかりませんが。。こういう瞬間を楽しい!と思えるようになれば、もう私の手を離れて、一人で大丈夫じゃないかなと思います。

ようやく「音楽」の入口にたどりついたのかな?と嬉しく、少し羨ましく思います。
まぁ、先は長い。焦らず、彼のペースで楽しんでくれたらいいな。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-02-26 22:36 | 日常の話

今朝の風景

ここ数日、長男が次男のお弁当を作ってあげています。
もともとは、次男が「たこウィンナーを入れて欲しい!」と言ったことがきっかけ。私が「そんなのはめんどくさい。だいいちタコにしたらたくさん入らないよっ!」と言ったところ、長男が「それならボクが作ってあげる。」と。

いつもよりも30分ほど早起きして、丁寧にたこウィンナーを作ってあげていました。
ご飯は海苔弁なのですが、海苔を3段にしてあげてました(私は2段)。

次男は幼稚園でも、「おにーちゃんに作ってもらった!」と自慢したそうです。
長男は、帰ってくるなり次男に「弁当ちゃんと食べたか!」と確認し、私には「今日は20分で弁当を作ったよ!お母さん、助かったでしょ!」と自慢気です。

朝食は、パンがいいの、ご飯がいいの・・・と文句が多いので、「好きに食べたきゃ、自分でやりなさい!」と言ったところ、いつの間にか子供達は好き好きに朝食を作るようになりました。

長男は、次男にパンにするか、ご飯にするかを確認し、次男は自分で冷蔵庫から納豆を出して、こねこね作って、ちゃんと私のご飯にも乗せてくれます。

パンがいい時には、自分達でちゃんとピザパンを作って焼いて食べています。

いやーーー、いいねぇ、キミ達!
そうそう、何でも自分で出来るんだよ。

母親だからって、何でもやってあげてちゃダメよね。
自分の事は自分でするっていうのは、生きる基本。自立した人間に育てるのが親の役目。

あんまりホメすぎると、すぐに「ガクッ」とすることが起こるので、この辺にしときますが、結構なことができるようになってきたものだと思います。いい加減な母親っていうのも、結構いいものじゃない?
[PR]
by kitasan_25 | 2009-02-24 10:45 | 日常の話

アレルギー

腰痛は、まずまず快方に向かっているものの、まだどこか奥の方(ってどこだろ?)に"ずしん"と何かがあるような違和感があります。長く歩いている、立っているとだんだんと存在感が増す感じ。大事にしないといけないねぇ。

腰痛は、腰を支える筋力が落ちているとなりやすいそうですね。最近こそ出歩く機会も若干ありますが、しばらく引きこもり状態でしたから、筋力は維持できていないでしょうね。。。少しずつ、体力もつけていかないと!

そうそう、外に出ると今は花粉の季節。
マスクをしている方もたくさんいて、遠くの方から手を振られても、どこのどなたなのか・・・?なんてこともありますね。マスクで顔のほとんどが覆われていますから。。

ところで、今日見たニュースでは、子供を花粉症にしないための9か条があるんだとか。

生後早期にBCGを接種させる
児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる
小児期にはなるべく抗生物質を使わない
猫、犬を家の中で飼育する
早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす
適度に不衛生な環境を維持する
狭い家で、子だくさんの状態で育てる
農家で育てる
手や顔を洗う回数を少なくする

だそうです。要するに、適度に雑菌と触れ合う機会が大事ということか。

このニュースによるとアレルギー体質かどうかは、幼少期に決まるんだそうなんですが、現在まで花粉症を発症していない私としては、なんだか嬉しいような嬉しくないような・・・。確かに、子供の頃“ほら、きたないでしょ!”なんて言われて育った覚えはないなぁ。。

小児期に抗生物質を使わない、というのは良いのではないでしょうか。やはり、風邪でもなんでも、薬で治すのではなく、しっかり休ませてあげた方がいいでしょうし。

我が家の子供達は、長男が花粉症、次男は今のところ大丈夫のようです。

長男はまだベビーカーに乗っていた頃から、家から外に出るとすぐにくしゃみをしてました。きっとアレルギーなんだろうなぁ。。。と思ってたらその通り。・・・まぁ、生まれたときからの体質というものもあるでしょうね。それでも、最近は体力がついてきたのか、あんまりひどい症状が出ることはなくなりました。たまに鼻づまりがひどいときだけ薬に頼るといった感じで。

極端に潔癖症な人もたくさんいるようですが、あんまり細かい事は気にしない方がいいということなんでしょうね。ちょっとほっとしたりして。。。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-02-23 21:15 | 日常の話

腰が・・・

昨日からなんか変だな?とは思っていましたが、なぜか腰痛発生!

朝まで大丈夫だったのに、午前中机に向かい、さて、そろそろ昼ごはん・・・・なんて思ったら、なんだか腰が重い。「重い」というのがぴったりな表現。以前にも、腰が痛くなったことはありましたが、“すーーーっ”とくる独特の感触が突然あり、腰痛になっていました。でも今回は違います。特に“あっ!”と思った出来事はなく、最初は何か気になる?という程度だったのが、どんどんどんどん重くなる感じ。

いやぁねぇ。。。腰痛だって!

これ以上ひどくしないように、体を十分に温めたいと思います。

幼稚園のママさんで、腰痛でしばらく幼稚園に送迎できなかったという方がいたので、腰痛の治し方を教えてもらいました。

彼女いわく、立っている時におしりの筋肉をぎゅっと締めるというのを続けると良いとのこと。

ふむ、ぎゅ!ぎゅ!ぎゅ!

確かに、少し軽くなるような気がします。骨盤なんかがゆがんでるのかもしれませんね。
しばらくは、ぎゅ!ぎゅ!ぎゅ!を続けようと思います。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-02-20 18:56 | 日常の話

テレビに・・・

先日、次男の通う幼稚園に某局のテレビ取材があり、今日が放送日でした。
みんな、かわいく映ってましたー。次男も、ちらちらと見えました。現代ではビデオカメラも当たり前なので、動画になるってそんなに特別なことでもないでしょうけれど、それでも何だか嬉しい(?)もんですね。実家にまで電話で知らせてしまいました。

ここのところ、毎日何かと忙しいんですが、今日は来年度のPTAの予算委員会とやらに出席してきました。

PTA活動の予算を組むということなのですが、足し算と引き算しかない簡単な計算でも、その実像をつかむのは意外と難しい・・・ってことは、あまり知られていないのかも。私もかつて、会計士の仕事をしていた頃、数字の一面しかみていなくて、それでばっちり!と思っていたら、別の方向から見てみたら、“ダメじゃ~ん!”とがくっときた経験があります。

数字は、タテ・ヨコ・ナナメから見て実像をつかむべし。

・・・あの時の経験で学んだことです。

次男の幼稚園での役員も、会計を預かっているので、出来る限り多くの視点から数字を見なくては・・・と心がけています。人様のお金ですから、気も引き締まりますね。

小学校のPTAは、実は結構大きな金額を預かります。・・・これって払っている側はあまり気にしていないんでしょうね。私も今まで知りませんでしたけど・・・。

で、来年度の予算案として渡されたものを見て、びっくり。
うーーーん、これは・・・・・・・・。

来年度になって、がらっと変わっても怒らないでね、現役員さん。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-02-19 20:58 | 日常の話

草食系

今日、ニュースで知ったんですが、「草食系男子」が急増中だそうで。
そんな世の中になっているのねぇ。

でも、ちょっとわかるかな。

子供達を見ていても、明らかに昔とは違うもんねぇ。
最近、週末の買い物についてきてくれなくなって、彼らもそういうお年頃になったのね。。とは思うけれど、相変わらず中身は素直な子供のまま・・のように思います。

あんまり激しい反抗期はごめんだけれど、ちょっと大丈夫なのかな?とも思います。

昔なら、子供はもっと放っておかれたし、親との関係ももっとシビアな感じだった。親に気付かれないように・・・と思いながら、結構な冒険もしたし、今思えば“え?”と思うようなこともあれこれやっていた。

今は昔に比べて、子供が大事にされているから、よく言えば素直、悪く言えば・・・うーんなんだろう。。。たくましさがない、かな。

昔は、三高(高学歴、高身長、高収入)が求められていると言われていましたが、現在は「三低」なんだそうです。低依存、低リスク、低姿勢、が求められているとか。ちょっと驚きかも。・・・三高を求めていたわけじゃないですが。

今の子供達が大人になる頃、たしかに柔らかめの男性が増えていそう。
今の子育てがそれを生み出しているんでしょうね。うーーん、いいのだろうか?
[PR]
by kitasan_25 | 2009-02-17 20:47 | 日常の話

アリとキリギリス

昨日は朝っぱらからダンナとケンカしました。

我が家のケンカの原因は、ダンナの私に対する失礼な発言に私が激怒するというパターン。
なんでこう何度も私を怒らせているのに、学ばないのだろうかと、本当に不思議です。

すべて、私の人格を否定する発言で、しかも勝手な思い込みと決めつけ。
まぁ、夫婦とはいえ他人ですから、私のことをどう思ってくれても構わないのですが、それを相手に向けて発言するというのは、どういう神経なのでしょうか。

昨日のきっかけは、

アナタ(私)は、人の話が聞けないから習い事をしない

というもの。これ、前にも怒っているんです。内心そう思っていても結構ですが、相手にそれを伝えるというのは喧嘩を売っている以外の何物でもないと思うのだけれど?

ちなみに、私が習い事をしない理由は、まず金銭面。やっぱり贅沢だと思うんです。
まだ子供も小さいし、賃貸住まいの立場で、そんな贅沢はできません。アリとキリギリスでいえば、私は完璧なアリです。一方でダンナはキリギリス。まぁ、アリばっかりじゃ、人生楽しくないのかもしれませんし、経済もうまいこと回っていかないしね・・・とは思っていますが、私自身はキリギリスにはなれません。

その次に、ダンナとは趣味を共有しないというポリシーを持っているので。
同じことをすると、ぶつかることも多いし、私は私で気ままに楽しみたいので、そういう部分は共有したくない。

全般的に、何事であっても、彼は私が勝手に何かをするのが嫌みたいですね。
私は干渉・指図してほしくないと思っています。

結婚して10年経ちましたが、ずいぶん立場が変わったものですねぇ。
結婚当初は、どちらかというと、私が彼が何をやってるかをあれこれ聞いたりして怒らせることが多かったような気がします。"なんでそんなこと、ごちゃごちゃ言うんだー"みたいな。

私はそれに学んで、気にしない、干渉しないを実践してきました。今では、何事も気にならなくなりました。10年たって、ずいぶんと「かわいく」なくなったんでしょうね。強くなければ生きられないような状況だったし。

こんなんだから、畳とナントカは新しいほうが・・・なんて言われるんでしょう。
でも、もっともっともっと強くなりたいと思っています。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-02-16 15:35 | 日常の話

四字熟語

はぁ、忙しい!なんでかね?
あっという間に時間が過ぎていきます。まぁ、充実しているということにしておきましょう。

あ、まだ確定申告もしてないんだ!早めにやらなきゃ!

最近、四字熟語を勉強している長男。

昨日は、「才色兼備」の例文を作ろうとして、

おかーさんは、才色兼備だ

・・・・・例文になってるんかね?
これでは、才色兼備を正しく理解しているかどうか測りかねますね。

彼が、自画自賛を「字が悲惨(=字がきたないこと)」だと勘違いしたというのは、我が家では語り継がれるべき逸話になっておいますが、先日はこんな事を・・・。

自画自賛と自慢はどう違うの?

・・・・いろいろと説明は試みましたが、果たして理解できたかどうか。まぁ、似た意味の言葉に気付いたというところが、彼にしたら大きな進歩か。

この前は、「五里霧中」の意味がわからなくて苦しんでいました。

確かに、まだ「五里霧中」と感じるような体験がないんでしょう。
実際に体験することって大事ですね。困らないように、辛くないように・・・と、守ってばかりでは子供に必要な「体験」のチャンスを逃してしまうんでしょうね。

いろんな体験をしてもらいたいですねぇ。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-02-13 17:53 | 日常の話

終わった!

もう2年近くが経つんですねぇ。。。
昨日で、脱毛エステが終わりました。ほんと、楽ですよ。これで1マン数千円なら安いもんです。

いつも、朝一(といっても午前11時だけど)に行くんですが、昨日はその時間でも10個くらいある個室が満室でした。ちゃんと予約制になっているので、待たされることはないんですが。

ただ、朝っぱらからこんなに大勢の女性が、脱毛してるなんて・・・・。想像すると、ちょっとおかしくない?なんだかんだ言って、日本は平和だねぇ。。。

・・・なんて話をダンナにしたら、

女性は美しくないとだめなので、仕方が無い!

だそうで。

意外にも、女性に「美しさ」を求めるタイプのようで・・・。
嫁である私は、そういうことに無頓着な方だというのに。。不思議ねぇ。

でも、最近は化粧もするようになったし、幼稚園以外でどこかに出るときには、ジーンズはやめようとか、気にするようになったんだ!・・・って、自慢するほどのことじゃないけど。ちょっと前の私にしたら、驚き!の変化です。

何か理由があるって訳じゃないんだけど、なんとなく。
気分が外向きになってきた、ということだと思うんだけれど。

少しは「美しさ」も大切にしないとね。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-02-11 14:43 | 日常の話