子育て主婦暦11年。とりあえずひと段落。人生まだまだこれから!!・・・と思っているのはアタシだけ?
by kitasan_25
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
英語の話
翻訳の話
家族の話
日常の話
自分の話
パンの話
音楽の話
雑感
毒を吐く
お気に入り
最新のトラックバック
ロハスな生活の良さ
from ロハスな生活の良さ
早慶外語ゼミ@現役高校生
from 早慶外語ゼミのCMやイメージ..
翻訳
from いま話題の検索語とは?
アメリカン・アイドル ベ..
from 猫多摩携帯写真館
今年の初夢
from 薬作り職人のブログ
まぁいきましょうか・・・
from 日記
読者になりますね☆
from うさぎ日記
「社長さん、寄っていきな..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
敬語に自信ありますか? ..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
人並みな生活でしょうかね?
from 私と言う名の孤独人の日常
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

専業主婦志望

翻訳の仕事をしていると、ブログの更新が増える・・・・なぜだ!

専業主婦志望の若い女性が増えているとか。
ニュースでは聞いていて、なんとなくそんなもんか・・・と思っていましたが、私が想像する以上にそういう思考パターンが浸透しているようです。いろいろと話を聞いてびっくりしました。

まだ20代後半の弁護士の女性が、結婚したら専業主婦になりたいと言っているとか。

まぁ、言っているだけかもしれませんが、案外と本気なのかもしれません。

専業主婦が悪いといっている訳ではなく、世の中の変化に驚いています。
なんというか、女性を取り巻く環境に、閉塞感があるんでしょうね。

確かに、そんなに生活ぶりは派手ではないけれど、昼間にテニスなどの習い事に行き、たまにお友達とランチし、さらにたまには夜も出かけちゃったりして!くらいの方は、私のまわりにもたくさんいます。かなり幸せそうですね、確かに。

彼女達の希望は、週に3日くらい、5~6時間程度働いて、自分の小遣いくらい稼げたらいいのにな。

って感じでしょうか。
きっと、それが一番幸せな生き方なのかもしれませんね。前にも書きましたが、最終的にはどんな生き方をしても、経済的なプラス・マイナスは、そう変わりません。それなら楽しいほうがいいに決まってる。

かつては、仕事は生きがい!という考えもありましたが、これはデジタル化により、大半の仕事が生きがいが感じられないものになったと思います。

私がまだ監査の仕事をしていた頃、クライアントの会社で、「当時は手書きで試算表を作ってましたから、一発で貸借を合わせたのは彼だけでした!」と部下を褒めていた方がいました。確かに、手書きの帳簿(もちろん、それなりの規模の会社です)を一発で合わせるっていうのは、「やりがい」の感じられる仕事だったでしょう。

でも、会計ソフトが当たり前の現在、自分の作成した伝票の意味がわからなくても試算表はちゃんとできてきます。こういう事務仕事の大半は、単なる入力仕事になってしまいました。

今、事務の仕事を探そうとしても、若くて・安い人でなければ仕事は見つかりません。誰がやっても大差のない仕事ですから。それなら、若くないけど安い、では十分ではないのです。

でも、そうやって若い時代を過ごしてしまった人たちは、若さがなくなった時、何も持っていないことになります。ソフトなんて、毎年のように新しく更新されるので、過去の入力経験なんてまったく役に立たない。

そういう姿を見ている今の若い女性達は、仕事に対する気力もなくなるのでしょう。
仕事上は、相変わらず女性はちょっとね・・・・という雰囲気もあるでしょうし。実際、この歳で仕事に戻ろうと思ったら、周りは男性ばっかり!ですよ。そんなもんです。

かつて、ロボットが仕事をするようになり、人間はだらだらと過ごすようになる・・・というようなアニメがあった記憶があります。新井素子さんの「大きな壁の中と外」もそんな設定でしたよね。懐かしい・・・。もう、そんな世界がすぐそこに来ているのかも。

そういえば、翻訳業界でも機械翻訳を導入して、単価を下げる!という路線になりつつありました。私も、それでこの業界に見切りをつけようと思った一人です。
・・・・が、どうやら日本語に限ってかもしれませんが、まだ機械翻訳は時期尚早だったようです。やっぱりね。
今のところ、機械翻訳プロジェクトは頓挫しているようです。日本語と英語、こんなに性質の違う言語ですから、そうは簡単にはいかないでしょう。

(そこそこ)やりがいが感じられて、家庭とも両立できる仕事をつかむには、いつ・何をしなければいけないのか。長期的な戦略が必要だと思われます。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-27 11:33 | 日常の話

買うぞ!

先ほど、長男のコンクール用曲をピアノと合わせてみました。

まだまだなところが満載ですが、何とかなるかな?という気もしてきました。練習ぶりはあいかわらずの、の~んびりなんですが、本人の気持ちが少しずつ成長しているんだと思います。前はいくら言っても出来なかったことが、急にできるようになったり。今回は、曲もちょっとかっこよくなったので、がんばらなくてもそれなりに聴こえる、というだけかもしれませんが・・・。

まぁ、せっかくの機会ですから。。

来月からの仕事も、少しずつ動き出してきました。
あぁ、久しぶりのフィールドだわぁ。。どきどき。

来月半ばまで翻訳の仕事を入れてしまってたんですが、ちょっと前倒しで仕事が入るようになり、仕事が入ったらサボろうと思っていた保護者会をサボれない事情が発生してしまい・・。ちょっとスケジュールに不安がでてきました。

普段、荷物を持ち歩かない方なので、手帳というものを持っていません。スケジュールはすべて卓上カレンダーに書き込んでいますが、さすがにちょっとやばくなってきました。

でも、今年も半分も過ぎたというところで、手帳を買うってどうなんでしょね。前年の7月分くらいから開始している来年用の手帳なんてないか?なんて思ってしまう。以前は、ルーズリーフタイプ(って今も言うんでしょうか?)の手帳も使ってましたが、ちょっと重いのよね。私、とことん荷物が少ないのが好きなんです。

手帳もですが、仕事用カバンもないことに気付きました。さすがにA4が入るくらいのバックがないと。パソコンも持ち歩きするんだから、小さいサイズのパソコンも買わなきゃ・・・

でも、私は基本的に物欲がないので、最低限なんとか間に合っていればいいか・・・とサクサク決めてしまいます。カバンは軽さが最優先。次に、パソコンを守りきれるかどうか。

パソコンも軽さ最優先。ちょっとかわいらしい白いのがいいかな・・なんて思ってますが、あとは基本的に何でもいい。・・・ただし、持ち運んでも壊れなければ。

あとは何だろう?名刺入れは昔のがあるし。。んーー今のところは思いつかないや。
あ、監査小六法買わなきゃ。「小六法」なんていいながら、2冊に分かれたとかってきいたな。前に仕事してた時も、「年々分厚くなってるなぁ・・・」と思っていたけど、2冊になるとは。。

監査小六法、CDにならないかなぁ。。。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-26 22:06 | 日常の話

祝3000ワード

シティの基本給50%アップだとか。。。「優秀な」人材流出を防ぐためだそうですが、優秀な人材が集まっていたのなら、こんなことにはならなかったのでは・・・?と思うのは私だけ?

・・・・それはさておき、

今日は3000ワード、仕事しましたよー。久しぶりですね。こんなにするの。

いろいろとばたばたしていた時は仕事どころじゃなかったんですが、ここにきて仕事量も戻りつつあるようで、空き時間には翻訳の仕事を入れるようにしています。

今まで、子どもがうろうろしていたり何だりで、1日の作業量は1500ワードくらいで計算していたんですが、子どもがいない時間が増えると、自分の気持ちさえ萎えなければこの位はできるということがわかりました。ちょっと嬉しい。

今日はご褒美に夜はテレビ三昧といきますか!

最近、The practiceの再放送をよく見ています。二ヶ国語放送しかないので、仕方なく英語のみで聞いていますが、シャドゥイングできてる!!

・・・そのくせ、エリオットの歌を聴いていて、

Will you be with me when I lose my weight

と聴こえて仕方がない。。。
一緒にビリーズブートキャンプをやれと?

まだまだ修行が必要なようで・・・。
マイナーネタですみません。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-24 19:11 | 日常の話

タイプ別経済効果

またまた、しつこくこの話題。

独身、専業主婦、兼業主婦、シングルマザー

女性の選択肢として、ほとんどの方がこのどれかのタイプに分類されると思います。

結局、どのタイプが一番オトクなんでしょうね。
多分・・・ですが、経済効果としては、どれもあまり変わらないのではないかと思います。

まず、一番経済的な生産性が低そうな専業主婦。

専業主婦といっても、いろんな方がいますから、一概には言えませんが、概して専業主婦は消費が少ない。結果として支出がかなり抑えられています。外食は一番少ないでしょうし、子どもにかかるお金もかなり節約できます。クリーニングに出す必要も、掃除を外注する必要もありません。我が家でも、私が主婦としていることと、私が家を飛び出していなくなった場合を比べると、後者の方がお金がかかることになると思います。・・・結構あなどれないですよ。

次が兼業主婦。

一般的には、パートなどの軽めの仕事しながら家事もする、というパターンが多いでしょうか。残念ながら、一家を養えるほどの収入は、さまざまな条件面で難しい。プラスの収入もありますが、外に出るため費用もかさみます。家にいない分、子どもの習い事を増やしたり、食事が作れなくて外食やデパチカが増えたり。子どもが小さければ、保育料がかなりかかります。

シングルマザー。

さまざまな補助があるとはいえ、まだまだ女性一人で子どもも抱えて生きていくことは大変です。仕事するためには、衣料品などの購入も必要でしょうし、子どもを一人にする間を埋めるための支出もあります。疲れていれば、食事を作ることもしんどくもなります。

独身。

気兼ねなく仕事できる分、今の時代であれば結構な収入を得ている場合も多いかもしれません。でも、ストレスを買い物で発散したり、旅行に行きたくなったり。外食も多いし、習い事なんかも(いろんな目的で)したくもなります。

結局、収入とくらべた実際の豊かさって、どれもそんなに変わらないのかも。
何が違うのか?というと、親の豊かさ、投資に強い、副業がある・・・といった、生き方のタイプとは別のところで差がついていくのではないか?というのが私の想像。

メインの生き方の「すきま」をどう使うか?というのが、豊かさを左右するんではないでしょうか。
「すきま」をチャンスととらえるか、ダラダラと過ごしてしまうのか。

この場合の「豊かさ」は金銭面でもそうですが、気持ち的にも張りが出るとか、やりがいを感じられるとか、広い意味で「豊か」になれるのではないか?と思います。

「人生のすきまの活用」、いかがでしょう?
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-23 11:14 | 日常の話

なんだかな

ちょっと回想録なんですが。。

ここしばらく、いろんな人達と会っていて、いろいろと思うことがありました。
感じたことは、「2種類の女性」です。

どっちがいいとか、悪いとかではなく、女性には大きく分けて2種類の生き方があると。もちろん、そんなの当たり前!ではあるんですが、本当に「住む世界」が違うんだなぁ。。と驚いたわけです。

一つは、家庭派。いわゆる結婚して出産して、仕事するよりお母さん業、主婦業をがんばらないと・・・って感じの人達。決して「仕事デキない」って人たちじゃなくって、結構いろんな才能を持っているんですが、それを活かすよりも家族を第一にするタイプ・・・でしょうか。

もう一つは、仕事派。結婚よりも仕事。出産よりも仕事。出産しても仕事、っていう人も少数ながらここに分類されます。すごくがんばっているのだけれど、「家庭」の部分はかなり犠牲になっている。それが「不幸」ではないけれど、家庭も仕事も当然のように手にいれている男性がイッパイいる中で、ちょっと理不尽だなぁ。

先日、大阪時代の元同僚と会い、かつての同僚たちの話題になりました。

皆、私と同じ会計士の資格を持っているんですが、その生き方は真っ二つ!私と同じように登録も停止して、母親業している人がいる一方で、独身を貫いたり、離婚を繰り返した後、第一線でがんばってる人もいて。

結局、両方を手に入れるなんて、よほどの条件が揃わないと難しいんだなぁ・・・と改めて思いました。
まず、親の援助がなければ、かなり難しい。わかっちゃいるけど、事実としてとてもとても重い。

私は家庭派の道をすすんで、ここにきて若干方向を修正しているという感じですが、こんなにも深い溝があったのか・・・と今更ながら実感します。

どうしたらいいんでしょうね?
どうなっていくんでしょうね?

最近は、専業主婦志望の女性が増えているそうですが、それも納得できます。

私が子供の頃、母親達は口々に愚痴をこぼしていたもんですが、今のお母さん達は結構楽しんでいますからね。子供も「いいなー」と思って育ってきたのではないでしょうか。昔は、「こうはなるまい!」と思って育ったもんですが。。。えっ?私だけ?

それに、実際、仕事と家庭はそう簡単には両立しませんから!

きっと、子どもの手が離れたら、仕事に復帰するというルートが出来れば、一番良いんだと思います。
でも、それを阻むのが「ブランクはダメ」「35歳以上はダメ」という暗黙のルール。

こういう判断をする人達に聞きたい。

じゃ、誰が子どもを育てるべきだと思いますか?
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-22 12:13 | 日常の話

コンサート

エリオット コンサート、行ってきましたー!

コンサートだなんて、何年ぶり??って感じでしたが、いやぁ・・・すごいですねー。東京ミッドタウンって、すごい!こんな場所があったんですねぇ。。。って、一体何年東京に住んでんのさっ!って感じですが。

会場について、まずは場所にびっくり!NYの比じゃないね。やっぱり東京は世界一!

田舎者よろしくってことで、当然、最初は会場がわかりません。うろうろしていた警備員のおじさんを捕まえて、丁寧に教えてもらいました。

・・・こんなに田舎者なのに、私って、よく人様から道を聞かれるんですよ。私だって初めてだっちゅーに!
誰かに道を尋ねるとき、人選は何が基準なんでしょうね?とても知りたい。ほんっとにしょっちゅう道を聞かれるんです。先週、渋谷を歩いていたときも、あんなに大勢が歩いている交差点のところで、わざわざ私に道を聞いてきた女性がいました。・・・・うーん、なぜ私を選ぶ??

それはさておき・・・

ライブ会場の入口で、ご一緒させていただいたミントさんにお会いし、会場入り。一番遠めの席でしたが、それでもすぐ近くに見えそうなくらい。こじんまりした会場なので、よっく見えます。

会場では、ミントさんが「きやまゆうさく」さんを発見。ご夫婦でいらしていたようです。
確か4人のお子さんがいるという話でしたが、お子さんはどうしているんだろう・・・なんて考えてしまうのは私だけ??

ライブは、たくさん歌ってくれました。先週も聴きましたが、ほんと、歌がうまい!アメアイ時代から見ているからか、彼の人柄なんかがよく伝わって、「母」のような気持ちで「夢が実現してよかったねぇ~」と思ってしまう。これがジェイソンくんだったら、どう思うんでしょうねぇ。。むふっ

とにかく、とてもあったかい気分になるコンサートでした。
夢を実現した彼がそこにいる。
変わらずに、そのままのエリオットで居てほしいなぁ。

詳細は、ミントさんが(仕事が終わったら)書いてくれるであろうブログに譲るとしましょう。

あぁ、こんな「大人な時間」は久しぶり。
たまにはこんな時間も持たないとね。
せっかく子ども達も大きくなってきたんだから、一人ですべて抱え込むことはやめよーーっと!
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-20 22:10 | 日常の話

祈!商売繁盛!

今日は、一緒に仕事をするメンバーと初顔合わせ。

なかなか楽しい人達でした。

うん、このメンバーなら、ブランクがあってもやっていけそう。ちょっと安心しました。

「8月にマラソン大会にみんな出ますから。ま、10キロくらいですよ。」

なんて言われて、ちょっとビビりましたけど。
なんか、体育会系な事務所のようで。

「60歳の人もエントリーしてますよー」
「夜走るので日焼けの心配はないですよー」

なんて言われても・・・。
どこまで本気なんだろうか。。。もしかして、本当に本気だったりして。。。

あんまり考えないことにします。

本当は7月の後半から仕事開始ということだったんですが、7月の頭に引継ぎのためにクライアントに行くことになりました。なんとも、フットワークが軽い・・。

仕事はしばらくはぽつぽつ・・・と言う感じなので、その合間には翻訳の仕事も入っています。
翻訳の方も、少しずつ仕事が戻ってきましたね。
その他にも、いろいろやらないといけないこともあって、なかなか忙しい毎日になりそう。

・・・・あっ、PTAもあったんだっけ。

いろんな仕事を手広くやるというのも、リスクヘッジとしてはいいんではないでしょうかね。
しばらくは、いろんな仕事をやりくりしながらこなしていくことになりそうです。

祈!商売繁盛!
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-18 21:05 | 日常の話

決まった!

決まりましたよ。

・・・何が?というと、お仕事です。

諸々の事情があり、仕事の方向性を変えていくことになりました。
もともと、会計士だったので、そちらの仕事をしていこうかと。

就職活動をすること2ヶ月弱。いろんな事がわかりました。
世の中、とてもとても厳しくなっているんですね。

・・・でも、一方で、年収1000万以上!なんて仕事もごろごろしてるんです。

なんともアンバランスな。

結論から言うと、フリーランスの会計士ということになりそうです。

一度は、友人のツテを頼って仕事を回してもらうことで決まりかけたのですが、
就職活動中に出会った事務所から、"どーしても!"とありがたいお言葉をいただき、
最終的には2つの事務所をかけもちするという形になりそうです。

フリーランスなので、年収は「皮算用」でしかないんですが、想定していた以上となりそうです。

意図的にではなかったのですが、2つの事務所がcompeteしてくれたおかげで、
当初より待遇がぐん!と上がってしまいました。ありがたい話です。

・・・でもね、「いりません!」って断られた会社・事務所も結構あります。
先方の希望とこちらの能力とが合っていなければ、どんなに低価格を提示しても、"釣り合い"は取れないということなんですね。当たり前といえば、当たり前。断られても、凹まない強さも必要です。これは年を重ねたせいか、今回はあまり気になりませんでした。

やっぱりダメなのか・・・・なんて、弱気になることもなかったわけではありませんが、いろんな出会いもあり、人の縁に助けられ、なかなかよい就職活動だったと思います。この業界、狭いですから、縁は大事にしないといけないですね。

・・・ということで、今週末にはまた一つ縁を見つけられそうで、ちょっと嬉しい!!
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-15 19:07 | 日常の話

運命??

ほんと、ここのところ運気が急に変わったのか何なのか。不思議な出会いがあるものです。

昨日はミントさんのご好意でエリオットのコンサートにご一緒させていただき、生エリオット見ちゃいました。

あれが、アメアイに出てたエリオットかぁ・・・・

と、なんとも不思議な気持ちに。
エリオット話は、来週もコンサートに行くので、その時にまとめて。

なんやかんやでいい事尽くめ!なんて思っていたところ、今日は思わぬ出会いにびっくり!

今日は出かける用事がなかったので、ジーンズにTシャツ、すっぴんで過ごしておりました。
午後になり、ダンナが急に近くの公園まで行こうというので、まぁ、誰にも会わないでしょ(会ったとしても、お母さん達くらいだから・・・)なんてタカをくくってそのまま出かけました。

公園で子ども達を放牧し、帰りにアイスを食して、家に戻ろうとしたところ・・・

偶然、大阪時代に一緒に働いていた女性とすれ違ったような・・・?
思わず、

"○○さん?"

と声を掛けてしまったところ、まさにその本人だったんです!
彼女と会うのは、多分12、3年ぶり。大阪で別れて以来、こんなに年数を経て東京で出会うなんて。
それにも増して、物忘れの激しい私なのに、すぐに名前が出てくるって・・・す・ご・い!!

若い頃の記憶は薄れないっていいますものねぇ・・・

こんな偶然の出会いなのに、私ときたら、まぁ、すごい格好で・・・。

彼女はこの4月から、近くのマンションに引っ越してきたんだとか。
・・・・そこって、お友達がたくさんいるとこじゃない・・・。やっぱりすごい偶然。

ほんと、びっくりでした。
でも、ちょっとすごすぎる格好だったので、ぜひぜひ、今度はちゃんとした格好での再会をしたいものです。

こんなことがあるんですねぇ。。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-14 21:39 | 日常の話

うは!

なんだか今日はいいこといっぱい!こんな日もあるんですねぇ。。

いやぁ。。人生、何が起こるかわからないものです。いろんなどんでん返しがあって、気付いたら一番いい条件で落ち着きそう・・・。嬉しいなぁ・・・。

来週にはすべてが決まります。絶対。

おまけに、コンサートチケットまで。。。今週末と来週末はエリオットのコンサートに行ってきます。
新たな世界を教えてくれてありがとう!>ミントさん

ホント、支えてくれたいろんな人達に感謝!!
期待(?)に応えられるようにがんばりまっす!

今日は、PTA役員の方達とランチに行ってきました。
総会も終わったので、その打ち上げって感じで。

これまで何してきたの?

と、いろいろ突っ込んだ話をしてみると、皆さん、結構すごい経歴があったりするんですね。どこぞの会社の秘書さんかな?と思っていた方が、実は元スッチーだったとか。人様の過去をあれこれ聞くというのは、嫌だという方も多いとは思うんですが、ある程度相手を知って、親しくなるには、ちょっと突っ込んだ話をしてみるというのも大事かと。

ちょっとお互いの距離も縮まったかな。

ほんと、今日はいい一日でした!
[PR]
by kitasan_25 | 2009-06-12 19:25 | 日常の話