子育て主婦暦11年。とりあえずひと段落。人生まだまだこれから!!・・・と思っているのはアタシだけ?
by kitasan_25
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
英語の話
翻訳の話
家族の話
日常の話
自分の話
パンの話
音楽の話
雑感
毒を吐く
お気に入り
最新のトラックバック
ロハスな生活の良さ
from ロハスな生活の良さ
早慶外語ゼミ@現役高校生
from 早慶外語ゼミのCMやイメージ..
翻訳
from いま話題の検索語とは?
アメリカン・アイドル ベ..
from 猫多摩携帯写真館
今年の初夢
from 薬作り職人のブログ
まぁいきましょうか・・・
from 日記
読者になりますね☆
from うさぎ日記
「社長さん、寄っていきな..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
敬語に自信ありますか? ..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
人並みな生活でしょうかね?
from 私と言う名の孤独人の日常
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

オケの練習

3日にはオーケストラの第一回の練習があります。早っ!!!

特に次男はまだ初見ですぐ弾けるという状態ではないので、間に合うのだろうか・・・。
その点、さすがお兄ちゃん!長男は、昨日初めて弾いてみましたが、案外とさらさらと弾いていました。

オケの譜面は、普段見慣れているものと少し違っていて、一見するととても複雑そうに見えます。一部他のパートの音符が書きこまれているというのもありますが、指導してくれるオーケストラが代々引き継いだ弓の動かし方であったり、強弱であったり・・・といったものが書き込まれているのです。譜面はコピーでいただいているのですが、なんだかそのオーケストラの歴史を垣間見たような、なんともいえない感慨があります。

楽譜って、眺めていると結構おもしろいもんなんですが、そこに書き込みがあるともっと面白くなります。

かつて、私が弾いたピアノの譜面も、今見てみると当時のことがとても鮮明によみがえってきます。今弾いてみても、やはり同じように下手なところは下手に弾いてしまったりして、進歩がないというか、人の癖はそう簡単には変わらないものだと思ったり・・・。

譜面に書き込まれた文字、不思議な力がありますねー。
e0045844_16472938.jpg

[PR]
by kitasan_25 | 2009-11-28 16:47 | 日常の話

やばいっ!かも?

今日はちょっとせっぱつまっていまして、仕事中にきゅーちゃんを出せてあげられません。(なのにブログは書いてる。ごめんよ、きゅーちゃん。)おわびに音楽をかけてあげていますが、きゅーちゃんは調子よくごにょごにょとしゃべり続けています。

今回の仕事で、人名を検索することがあったので、ちょっと気になって自分の名前を検索してみました。
以前にもやったことがあるのですが(数年前)、その時は10数件くらいしかヒットしなくて、そのうち2件くらいが自分のもので、その他は同姓同名の別の方でした。

その後どうなったかなーー?と検索してみると、すごいヒット数!!

どうやら、エロゲーの主人公の名前として使われているようなんです。主人公の紹介文があちこちにあるのですが、うーーんやめてくれーー!な内容。ちょっとショックでした。自分の名前がこんな形で使われているなんてやっぱり嫌なものですねー。

それはともかく・・・

本日、子ども達の参加するオーケストラの譜面が届きました。本当はオリエンテーションに参加しないといけなかったんですが、その日が発表会当日で資料を郵送してもらうことになっていたのでした。

長男はともかく、次男はできるところだけ参加かな?なんてタカをくくっていたら、ばっちりと3曲とも1stバイオリンとしてパートをもらっていました。

大丈夫なんだろうかっ!!

オーディションも受けたんだし、次男の腕前がどのくらいか、そもそもまだ1年生ということも理解していただいていると思っているのだけれど、なんだか不安になってきました。。まぁ、オケですから、できないところは必殺技の「弾いたふり」という手があるかとは思います。

曲目はホルストの「ジュピター」、ビゼーの「カルメン」、ワーグナーの「マイスタージンガー」の3曲。

うちの子ども達、大丈夫なんだろーか??
[PR]
by kitasan_25 | 2009-11-26 13:56 | 日常の話

成長

今日から長男は学校行事でお泊りです。長男が家族と離れて泊まりで出かけるのは、多分、これが初めて。あ、正確には、1歳か2歳ごろ、ばあちゃんのところに一人で一泊したことがありました。

次男は、去年幼稚園の行事で一泊していて、長男の方が遅い経験になりました。彼はこれがとてもとても楽しみだったようで、発表会のことなんかよりずっとこちらの方が大事だったようです。がっくし!!

まぁ、そういう気持ちになるというのも、成長の1つの過程だし、望ましいことなんでしょうね。

これからこういう機会も増えていくのかなぁ。。一人暮らしなんて絶対しない!なんて今は言ってますけど、そんなのもあと数年かなぁ。。それもちょっと寂しいねぇ。。。

大人になるといえば、我が家のきゅーちゃんも少しずつ成鳥になってきているようです。羽が生え変わったり、大人の模様が出てきたり。ろう膜もかなり青くなって、オスであることはほぼ間違いないでしょう。「きゅーちゃんっ!」ははっきりわかりますが、その他はまだ「ごにょごにょごにょ」って感じです。昼間、私と二人きりの間にいろいろと言葉を教えようとがんばっていますが、まだはっきり聞こえませんねー。残念!

生後4ヶ月頃からしゃべり始めるらしいので、あと1ヶ月かな。

インコも、ひな鳥のときはかわいらしいんですが、大人になるとちょっとかわい気がなくなるというか、目つきも鋭くなっちゃったりするんだよなー。こちらもちょっと残念。でもまぁ、小さい頃からかわいがっているきゅーちゃんなので、成鳥になったとしても特別にかわいいとは思いますが・・・。

きゅーちゃんは今もいつものポジション(私の右腕)で寝ています。このポジションがいいみたいで・・・。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-11-25 13:20 | 日常の話

発表会が終わった!

昨日は子ども達のバイオリンの発表会でした。

ここ2週間ほど、私が風邪をひいて体調がすっきりとせず、子ども達にはっぱをかける気力に欠けていたからか、デキは「う~ん・・・」という程度でしょうか。やはり子ども達にも集中力が足りなかったようです。

子どもに何かをさせるというのは、親の力が大きいということを再認識しました。

それが良いのか、悪いのかは別として、彼らの気分を盛り上げるように雰囲気を作らないと、相手は子どもですからねぇ。。。まったく良いところがなかった訳ではないので、まぁ、よしとしましょう。

長男は今回弦楽四重奏もやって、こちらの収穫が大きかったと思います。もう一人の5年生の男の子と2人のバイオリンソロと、講師の先生達がバックで四重奏という演奏だったのですが、講師の先生達と何度かあわせるうちに、音楽の呼吸というものを感じたようで、その点では学んだことも多かったようです。

ソロでもその成果が出ていて、伴奏の先生に「8月のときよりずっと上手になった」と言ってもらえました(優しい方なので、8割がたお世辞だとはわかっていますが)。きっと、長男の気持ちの中に、ピアノと合わせるという感覚が出てきていたので、先生も合わせやすかったということだと思います。8月のときは、まだ自分のことでいっぱいいっぱいでしたから。。

次男は、ちょっと失敗もありましたが、まぁまぁというところでしょうか。実は彼の方が音楽に対する集中力が高くて、私としてはちょっと期待しているんですが、どうでしょうか。彼の音は主張があるので、もうちょっと技術がついたらおもしろくなってくるかもしれません。ただ、彼は練習嫌いなんですよねー。

まぁ、二人とも趣味で続けているので、彼らなりのペースで練習していったらいいと思います。

実は、二人とも3月にジュニアオーケストラに出演することになりました。某交響楽団の指導で、3月に公演会があります。参加資格は4年生以上なのですが、次男も特別枠として参加させてもらうことになりました。

上手な人に囲まれて、いろんな指導者の助言を聞くことで、学ぶことも多いのではないかと期待しています。

それにしても、都会の子というのは、いろんな機会があっていいですねー。田舎育ちの私としては、うらやましい限りです。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-11-24 11:31

やっぱりフリーランスがすき

まだ薬を飲んでいるので、頭がぼーっとしていますが、今日から仕事再開。
今回の風邪騒動では、仕事が入ってこなかったというのがラッキーでした。ここのところ、スケジュールがつまり気味だったので、本当に運がよかった。

つくづく、私ってフリーランスが合っているんだなぁ・・・と思います。

そりゃ、仕事がなくなれば、フリーなんて言ってもいられない単なるプーになってしまうだけなんですが、
気質として自分に合っているんだなぁと思います。

学生の頃とか、仕事してみたい!と強くおもったりして、そのイメージは「会社勤め」以外になかったような気がするんですが、20年もたつとこうも変わるものかと。フリーという不安定さ、フリーという束縛感のなさ、フリーというぎりぎり感。意外と好きなんですね、これが。

私の両親は、狭い社会の固定観念でがんじがらめになっている人たちなので、私のこの気質はいったいどこから来たのか?

気弱なところはばっちり母親ゆずりでしょう。気弱なのに、どことなく緩さ・あぶなさを感じるものに惹かれるというのは、父親の気質なのでしょうか?彼は単なるのんびり屋なのかと思っていましたが、意外とギャンブラーかもしれません。

私には兄がいるのですが、彼はあんなにいい加減な人なのに、なぜか会社勤めが続いています。きっと彼も気弱なギャンブラーなんだろうな。だけど、男だし気弱なので、「一歩」は踏み出さないんだろうな。私も、もし男だったら、そうなっていたのかも。

不思議なもんですねぇ。
・・・そんな事をつらつら考えながら、仕事再開です。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-11-19 14:21 | 日常の話

あいたたた・・

なんだか風邪がすっきりと治らないと思ったら、副鼻腔炎になってしまいました。
先週末、一旦風邪がよくなったはずなのに、なんだか頭痛がして変だなぁ。。。と思っていたのですが。

月曜の夕方にまた熱が上がってきて、火曜にははっきりと左顔面痛が・・・。もう、とにかく痛いのなんのって。
眼がいたい、頭がいたい、耳がいたい、歯がいたい。この痛みってもしかして・・・・

数年前くらいに、テレビでキ○タクが言ってたアレじゃないの?と気付きました。

慢性の副鼻腔炎は、「蓄膿」といわれるものなんですが、急性の副鼻腔炎というのは風邪がだらだら治らないというような場合に発症するもののようです。先にウィルス性の風邪をひいて体力が落ちたところに細菌に感染した場合などのようで。顔全体ではなく顔の半分が痛むことが多いというのも症状とぴったり!

こりゃ、抗生物質をのんで治した方が早い!ということで、10年ぶりくらいに病院に行ってきました。

薬を飲んだ1時間後くらいには、嘘のように痛みが消えて、昨日はゆっくり眠ることができました。

それにしても、この副鼻腔炎。とにかく痛い!!!
キム○クもテレビでそう言っていて、その時はふーんとしか思わなかったのですが、あの時彼も辛かったんでしょうねー。

あの痛みが、薬で嘘のようになくなるということを体験してしまうと、薬が切れることがとてもとても恐ろしく感じて・・・。薬が断ち切れなくなる人の気持ちもちょっと分かったりして・・・。
まだ左目の目元を押さえると違和感があるので、完治までには今しばらくかかりそうです。

体力づくり、本気で考えないとだめですねー。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-11-18 11:13 | 日常の話

風邪ひいてました

先週の週末に次男が熱を出して、翌日からは私が喉が痛くなり・・・

喉にくると、風邪が長引くんです、私。

週の前半はほとんど声が出せないくらいに喉が腫れ上がってしまって、まいった、まいった。
昨日くらいから、少しずつ声が出せるようになって、今日はだいぶよくなってきました。まだ、喉が痛いんですけどね。薬をのんでいるので、とにかく眠くて。

久しぶりにこんな風邪を引きました。子ども達が小さかった頃は、よく彼らにうつされて寝込んでたっけ。
子どもが風邪ひくより、親が病気の方がよっぽど大変!なんて思っていたけど、彼らも成長したんだねぇ。ちゃんという事を聞いてくれるので、助かりました。

週の前半は、

私「んんっ、んんーんんんんんん」
長男「シャッターを閉めなさい?」
私「んんんんんんんん!」
次男「早くご飯食べろだってー」

という感じで、さすが、毎日言われているだけあって、すぐに理解してくれます。いつもちゃんと聞こえてるんじゃんかっ!!

でも、ちゃんと体力をつけておかないとだめですねー。身体を鍛えないとっ!
週末の水泳も、出来る時には行くことにしよう。最近、子どもが付いてきてくれなくなったので、ずっとご無沙汰になってしまってました。

平日も、暇があるときには1時間くらいウォーキングでもしようかな。ま、単なる散歩なんですが。
「毎日やる」って決めちゃうと大変になるので、時間があるときには身体を動かすことを目標にしたいと思います。とりあえず、この風邪が治ったら実行しよう!!

身体を引き締めないとねー。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-11-13 09:44 | 日常の話

さっぱりわからん

今日は納品を終えた後、地域の「協議会」とやらに出席してきました。
・・・というのも、今年はP役をやっているので、そういう担当者にもなっているのです。

こういう場って、大半が男性が出席して、あれこれ説明するんですが、なぜなんでしょうね、彼らが何を言っているのかさっぱりわからないんです。

あー、この××会議においては、えー以前○○からご案内のとおり、本日の○○をもちまして、えー

・・・って感じで延々としゃべるんですが、私には何を言っているのかさっぱりわからない。

これって私だけ?

なんとなーーーく、こんなことが言いたいのかな?程度ならわかるんですが、それならもっと簡単に言ってよ!!って思ってしまう。話の流れを見ていると、そんなに理解に間違いはないようなんだけれど、話を聞いているときには、何を言っているんだかさっぱり頭に入ってこない。

男性なら、これがわかるのでしょうか?

男性脳と女性脳の違いなのか、単に私の理解力がないだけなのか。

男性は、女性同士が延々とおしゃべりをしていることが理解できないといいますから、きっと彼ら同士では理解し合っているんでしょう。

ということで、ですね、本日の、えー会議における議題のひとつひとつをまとめてみますと、先に申しました議題の件につきましては、結局一切の理解が得られずですね、えー非常に退屈と申しますか、えー長い時間をですね、費やすこととなったというわけであります。

この会議はですね、本日2回目な訳なんですけれども、えー時間がですね2時間ほどかかりまして、中でもですね議題の2番目にあります、検討課題として取り上げたものと、取り上げなかったもの、およびその理由の開示という点につきまして、えー長々とした説明があったわけでございます。

この会議はですね、結局、すべての点において事前にプロジェクトの概要および進め方等々につきまして、決まっている話でありまして、今回の協議会はですね、基本的に新たな何かを生み出すというような場面とは少し違っておりまして、いわゆる説明会というような性質の会議と捉えていただいて結構かと存じます。

・・・・・なんとかしてくれーーー!
[PR]
by kitasan_25 | 2009-11-09 20:23 | 日常の話

おしごと

ついに?次男が発熱です。

子ども達の間では新型インフルが流行っており、我が家もそのうち・・・とは思っていましたが、ついに来たか!という感じです。・・・・が、実は子ども達は2週間ほどまえに、新型インフルの症状と思われる状態に一度なっているんですね。

・・・というのも、二人とも熱はほとんど上がらず、咳がしばらく続くという状態でした。長男の方はちょーーっとだけ熱が出ましたが、週末と学年閉鎖とが続いた時期なので、そのまま家で静養させていました。

なので、今回の次男の発熱はインフルとは関係なさそうにも思うのですが、まぁ、こういう時期ですから熱が下がってから2日間はお休みさせようと思います。

この週末、子ども達はお泊りの予定だったので、私は一人で仕事ができる・・・なんて思っていたら、こんなことになっちゃって。やはり、いつでも、余裕を持って仕事の予定は立てておかないとだめですね。

翻訳の仕事は、何が一番キツいか?といわれれば、「納期」だと思います。子どもがいる状態で、仕事だけしてればいいという訳ではないですから、いつ、何が起こるかわかりません。その上、実際の翻訳対象の難易度は事前にパッとわかるというものではなく・・・。「なんとかなるかな」なんて最初は思っていても、案外と難しいという時も結構あります。

翻訳の経験もまぁまぁ長くなってきたので、難文の場合も、時間さえかけられるのであれば、何とかなりそうだな・・・という感じもしています。翻訳を始めた当初は、こういう感覚はなくて、難文にあたったりすると、もうパニックでした。それから比べれば、私も少しは進歩したかなぁ・・・なんて思ったりします。

それでも、「えっ?」と思う文に出会った時は、やはりドキドキしますねー。

まぁ、いつまでたってもなかなか自信なんて持てないのですが、昨日、お世話になっている翻訳会社さんから、お褒めの言葉をいただきました。8割方社交辞令だとはわかっちゃーいますが(単に、3週連続で週末に仕事を振ったことの埋め合わせかな?)、それでも単純な私はうれしいです。

・・・ということで、今日もお仕事しますよ。
e0045844_15541966.jpg

お仕事のお供(?)のきゅーちゃん。今日は違う向きで寝ています。
[PR]
by kitasan_25 | 2009-11-07 15:55 | 日常の話

週末が・・・

最近、翻訳の仕事が増えてきたのはうれしいことなのですが、なぜか金曜にファイルが届いて、月曜に納期となる・・・。このご時勢に、ありがたいことではありますが、ちょっと気になりますねー。

先ほど納品した仕事は、経済レポートみたいなものだったんですが、過去100年くらいの間の世界経済の動きの説明などがあり、ふむふむ・・・と読み込んでしまいます

今回の不景気は100年に一度とか言われていますが、過去100年で一番経済の落ち込みが激しかったのはいつでしょう??

当たり前かもしれませんが、第二次世界大戦時です。

これは、今の金融危機なんて屁でもないほど深刻な落ち込みになっています。もちろん、体験した訳ではないので、データ上の数値を見る限り・・・というだけの話ですが・・・。

じゃ、2番目に大きな経済危機は?というとこれは、1920年後半に起きた世界恐慌です。

そろそろ3番目あたりには来るのかな?
残念!3番目は、第一次世界大戦時です。

今回の金融危機は4番目というところでしょうか。第二次世界大戦以降あんまり「危機」らしいものがなかったので、その事実から考えると、今回の危機は確かにインパクトは大きいですね。

人類は、これまでにもいろんな危機を乗り越えて生きてきたんですねぇ。
世界大戦時やら恐慌時を扱った映画などはありますが、今の私たちも将来的に映画の題材になったりするんでしょうか。

たくましく、生き抜こう!!
[PR]
by kitasan_25 | 2009-11-06 11:43 | 日常の話